ホーム > 我孫子市社会福祉協議会とは

 我孫子市社会福祉協議会とは


 社会福祉協議会とは


民間の社会福祉活動を推進することを目的とした民間組織です。
1951(昭和26)年に社会福祉事業法(現在の社会福祉法)にて位置づけられ、民間の社会福祉活動の強化を図るため全国、都道府県レベルではじまりました。

そして、平成12年に施行された社会福祉法により、社会福祉協議会は「地域福祉の推進を目的とする団体」として位置づけられ、市区町村へ組織を拡大。福祉活動への住民参加をすすめながら、地域福祉活動の中心的役割を果たしています。
社会福祉協議会は、社会福祉法に基づいて全国の市区町村、政令指定都市、都道府県に設置されています。

市町村社会福祉協議会は
@ 社会福祉を目的とする事業企画及び実施
A 社会福祉に関する活動への住民参加への援助
B 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
C 社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業

を行うことにより、地域福祉の推進を図ることを目的とする団体です。(社会福祉法 第109条)

民間団体として「自主性」「柔軟性」、そして、高い「公共性」の側面を合わせもっています。


 我孫子市社協とは

我孫子市社会福祉協議会(社協)は、昭和42年に法人格を取得し、地域住民の皆様や行政機関、地域福祉にかかわる関係団体の暖かいご支援を受け、我孫子市の地域福祉の推進を図る民間の団体です。
ボランティア団体や福祉団体、自治会、民生委員、市民の皆さんと共に地域で支えあい、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、地域福祉を推進することを目的として活動しています。
我孫子市社協の外観写真
我孫子市社会福祉協議会の外観