ホーム > 会長のひとり言

 会長のひとり言

平成29年8月吉日

  そば打ち体験「高次脳機能障害カフェ」に参加して

 7月3日(月)そば打ち体験「高次脳機能障害カフェ」に参加しました。
 参加者はボランティアを含む社協スタッフ10名、関係者15名とそば打ちの指導をしてくださる、前市社協会長鈴木孝さんはじめ6名の「江戸流手打ちそば青山学舎」(渡辺健晴、山本武志、大内正道、渡辺正男、鈴木泰一)の皆さんです。
 今回は昨年度のそば打ち体験「高次脳機能障害カフェ」の好評を受け、2度目の開催となりました。まず、本日のそば打ち工程を渡辺正男さんから口述さわやかに鮮やかな手さばきでデモンストレーションしていただき学びました。ただただ感心するばかりでした。 続いて参加者は、4つの班に別れて実際のそば打ちを体験しました。この時ばかりは、一歩も二歩も前に踏み出す参加者の笑顔と明るい話し声、感心する声の溢れる会となりました。
 地域福祉の現場では、常に多くの地域の方々の参加があって様々な活動が支えられています。今後も、是非多くの市民の方々の地域福祉活動へのご参加を願っております。また、今回ご指導いただきました「江戸流手打ちそば青山学舎」の皆さんやお手伝いいただきました皆様に感謝申し上げます。

 昨年の7月26日神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で痛ましい事件が発生し、あれから1年がすぎました。事件を風化させることなく、その意味をこれからの地域福祉の推進に繋げていきたいと考えています。
 市民の皆さんとともに私たちも連携連帯して、住み慣れたふるさと我孫子の地で住み続けることができるよう、安全安心の街づくりや共生社会の実現を目指してまいりましょう。

 会長のひとコマ


平成29年7月3日(月曜日) そば打ち体験「高次脳機能障害カフェ」

平成29年7月4日(火曜日) 開かれた学校づくり委員会我孫子東高校

平成29年7月6日(木曜日) 高野山小学校学校評議員会

平成29年7月8日(土曜日) 社会を明るくする運動我孫子地区街頭活動

平成29年7月12日(水曜日) 50周年記念事業第3回準備会

平成29年7月14日(金曜日) 第5次地域福祉活動計画講演会

平成29年7月19日(水曜日) 県社協各市町社協会長局長合同研修会

平成29年7月20日(木曜日) 平成29年度第1回子ども虐待等防止対策地域協議会

平成29年7月25日(火曜日) 湖北特別支援学校校長・事務局長との打ち合わせ

平成29年7月26日(水曜日) 
 空き家防止対策連絡協議会、県共募評議委員会

平成29年7月30日(日曜日)
 天王台地区社協と地区自治会との懇談会、和楽園夏祭り



  
  
  




平成29年度の会長の「ひとり言」「ひとコマ」
平成28年度の会長の「ひとり言」「ひとコマ」