ホーム > 社会福祉協議会の財源と会費

 社会福祉協議会の財源と会費


 財源・会費について

みなさまからいただいている会費や、寄付金が重要な財源となっている他、行政等からの委託事業を請け、その事業にかかる経費としていただいている受託金収入と、行政(県・市)からの補助金による収入、また介護保険事業、自立支援法等の事業における収入が財源となっています。
なお、平成18年度からは、軽喫茶や自動販売機設置による自主財源の確保を目指し努めております。

 会費

団体会費 : 1世帯200円
自治会単位でいただいています。180自治会中163自治会納入(加入率90%)
<平成23年3月31日現在>
賛助会費 : 1口1,000円
主に社協役員や、民生委員児童委員や地域福祉に関心のある市民の方々から会費をいただいています。
特別会費 : 1口5,000円
主に社協役員や社協の地域福祉推進事業に関わりご協力いただいている方々からいただいています。
法人会費 : 1口10,000円
我孫子市内の社会福祉法人団体や地域福祉にご理解いただいている企業・会社等からいただいています。



 寄付金

社会福祉協議会では、寄付金を受け付けております。
いただいた寄付金は、困窮世帯への貸付資金の原資として、また、社会福祉事業に充てています。
他に、指定寄付金も受付しており、寄付者のご要望に合わせた寄付先を一緒にお探ししています。
イベントで募金運動をしていただいたり、お香典返しの代わりとして寄付される方など、たくさんの方々からご寄付いただいています。
ぜひ、ご支援ご協力をお願いします。


また、気軽にご寄付いただけるよう我孫子市内の何件かの商店・公共施設にお願いして、「心のほうせき募金箱」を設置していますので、お見かけの際は是非、ご寄付をお願いいたします。


 補助金

市の地域福祉推進、福祉サービスの担い手として、「事務局運営補助金」や「 地域ぐるみ福祉ネットワーク事業」「住民参加型ホームヘルプ事業」などの事業で補助金をいただいています。


 受託金収入

我孫子市社会福祉協議会は、千葉県社会福祉協議会我孫子市(行政)から、福祉に関わるさまざまな事業を請負っています。
社協が行うべき事業、社協が行った方がより良く事業が推進できるものなど、地域福祉に関わる事業がほとんどです。

千葉県社会福祉協議会からの委託

  • 生活福祉資金貸付事業受託金事務費
  • 老障資金貸付事業受託金事務費
  • 民生委員実費弁償費事務費
  • 臨時特例つなぎ資金貸付事業受託金事務費

我孫子市からの委託

  • 遺族会事業事務費
  • 民生委員児童委員協議会事業事務費
  • 老人福祉事業事務費
  • 移動支援費事業事務費
  • ホームヘルパー派遣事業事務費
  • 介護予防支援事業事務費
  • 介護予防特定高齢者事業事務費
  • 休日保育事業事務費
  • 西部福祉センター運営管理事業事務費(指定管理事業)
  • 介護保険ボランティアポイント制度事務費


民間団体のなかで、非常に公共性の高い団体として位置付けられ、我孫子市民に関わる多くの公共(福祉)事業を行っています。

 事業収入

  • 自立支援給付金収入
  • 福祉サービス利用料金収入
  • 訪問介護収入
  • 居宅介護報酬収入
  • 介護予防特定高齢者事業収入
  • 福祉ショップ事業収入(収益事業) など


 共同募金配分金収入

10月1日〜12月31日まで行われる共同募金の収入。
10月1日〜12月31日までの一般募金と12月1日から12月31日まで行われる歳末たすけあい募金にわかれます。
自治会の協力による募金、駅頭での募金、市内の法人・商店、個人による募金をいただいています。
地域の福祉団体への助成、福祉の事業などに役立てています。