ホーム > あびこ後見支援センター > 日常生活自立支援事業

 日常生活自立支援事業

高齢者や障害者の自立した地域生活を応援します。

日常生活自立支援事業は、自分の判断で福祉サービスを利用したり、利用料を支払ったりすることが困難な方が、地域において自立した生活をおくれるように援助する事業です。

月に1、2回金融機関で払い戻しをし、医療費、税金、公共料金等の支払いを代わりに行い、生活に必要なお金をお渡ししたり、金銭管理のお手伝いをいたします。

 内容

@福祉サービスの利用援助
福祉サービスの情報提供や苦情解決、事務手続きの代行など
A財産管理サービス
日常的な銀行等への預け入れや払い出しの代行など
B財産保全サービス
大切な財産(通帳・実印・不動産権利証等)を貸金庫で保管
※財産保全サービスだけの利用はできません。


 対象者

  • 在宅で生活されている高齢者・障害者で、日常生活での福祉サービスの利用や金銭管理等がうまくできない方。
  • 利用に必要な契約内容を理解できる方。

 利用料金


福祉サービス利用援助・財産管理サービス

年会費
3,600円(生活保護世帯は無料です)
年度ごとに請求し、中途契約、中途解約の場合は、月額300円での請求・返金となります。
利用料
相談や支援計画の作成は無料です。月々の支援は、有料(生活保護世帯は無料)です。
1ヶ月の合計時間で請求します。

【 支 援 】
  • 1時間未満:500円
  • 1時間〜1時間30分未満:1000円
  • 以降30分毎に500円加算

【 交 通 費 】
  • 往復30分未満:無料
  • 30分以上1時間未満:500円
  • 1時間以上:1律1000円
財産保全サービス
年会費:3,000円
年度ごと請求し、中途契約、中途解約の場合は、月額250円での請求・返金となります。

お気軽にご相談ください。

 サービス利用までの流れ

「 @ → A → 契約締結審査会 → B → C 」 の流れになっています。

@相談
困っていることがあれば気軽に相談して下さい。
A訪問
社会福祉協議会の専門員がお宅を訪問し、困っていることなどをお聞きします。
契約締結審査会
利用の可否の判定を行う機関。
B支援計画作成・契約
ご本人の希望を確認しながら、専門員が支援計画を作ります。その計画で良ければ契約します。


C支援の開始
支援計画に基づいて定期的に訪問し、必要に応じた福祉サービス利用援助や、預貯金の出し入れ、支払い代行をします。



 日常生活自立支援事業パンフレット

PDFファイル日常生活自立支援事業(PDF)

上記の内容をPDFファイルで見ることが出来ます。
また印刷する際にご利用下さい。

        

 生活支援員募集

 我孫子市社会福祉協議会では、高齢者や障害者の方々が、安心してスマイルで自立した地域生活を送るために必要な支援(日常生活自立支援事業)をしています。
 日常生活支援事業において、生活支援員は、利用者のお宅などを定期的に訪問し、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう支援をしています。

業務内容
定期的にご自宅を訪問し、必要に応じた福祉サービス利用援助や預貯金の出し入れや支払い代行をします。
応募要件
 ·高齢の方や障害のある方への福祉活動に関心のある方(資格や経験は問わない)
 ·20歳以上の方(概ね70歳未満の方)
 ·普通自動車免許をお持ちの方
※民生委員及び訪問介護事業所に所属している方を除きます。
※生活支援員の登録にあたり、千葉県社会福祉協議会が実施する生活支援員養成研修を受講していただきます。(研修会場までの交通費支給)
待遇
 ·社会福祉協議会非常勤臨時職員として雇用契約を結びます。
 ·活動時間:1回の活動時間は移動を含め2時間程度となります。
 ·活動時間及び、移動距離に応じた給与をお支払いします(時給1000円程度)

あなたも、高齢者や障害のある方が、地域で安心して暮らしていくための支援活動を始めてみませんか?
チラシ


 問合せ

我孫子市社会福祉協議会(担当:瀬里・柴田)

TEL:04-7184-1539 FAX:04-7184-9929
メール: