ホーム > ボランティア市民活動相談窓口 て・と・り・あ > ボランティアをしたい > どんな方法があるの?

 どんな方法があるの?

ボランティア市民活動相談窓口て・と・り・あ では、ボランティアをしたい市民と、ボランティアを募集する依頼者を結びつけるコーディネートを行っています。

 自分に合った活動を考えてみよう


ボランティアは自分の関心のあるテーマや、自分にできることからはじめられる身近な活動です。
自分にはどんな活動が出来るのか、どんな活動がしたいのか、自分に合ったボランティア活動を考えてみましょう。

  • 資格・特技・趣味を活かす
  • 例えば、将棋が趣味な方が、高齢者施設で利用者の将棋のお相手をするなど。
  • 性格を活かす
  • 人と話すのが好き、話を聞くのが好きな方は、お話し相手のボランティアなど。
  • ボランティア先で選ぶ
  • 子ども関係、高齢者関係、障害児者関係、イベント手伝い関係、その他など。
  • 活動時間で選ぶ
  • 平日仕事をして休日のみ活動が出来る場合は、イベント手伝いのボランティアなど。
  • 場所で選ぶ
  • 家から自転車で行ける距離で探すなど。
  • 災害救援ボランティアについて
  • やみくもに被災地に駆けつけるのではなく、二次災害にならないようインターネットなどで情報を入手しましょう。県内のみでボランティアを募集している場合もあります。災害ボランティア保険の受付は、ボランティア市民活動相談窓口て・と・り・あ で行っています。

 ボランティア開始までの流れ(例)

  • どんな活動があるのか、インターネットや広報紙で情報収集
  • (参加したい活動、自分が活動したい分野のニーズを調べる)
  • 下向き矢印
  • ボランティア市民活動相談窓口 て・と・り・あに相談
  • どんな活動をしたいですか?どんな趣味・特技がありますか?
  • すでにあるボランティア団体の活動に参加する、個人で参加する、ボランティア団体を立ち上げるなど、いくつかの方法があります。詳しくはこのような方法があります
  • 下向き矢印
  • 依頼側と調整、活動内容を確認
  • 見学が可能であれば、見学をしてから活動を開始するなど、依頼側と調整をします。
  • 活動内容をきちんと把握しましょう。トラブル回避にもなります。
  • 下向き矢印
  • 保険に加入
  • ボランティア活動中の不慮の事故など、万一の備えとしてボランティア保険へご加入ください。活動先や活動内容によって、依頼側がすでに保険を掛けている場合もありますので、ご確認ください。
  • 下向き矢印
  • 活動開始
  • 無理のない活動を心がけましょう。
  • ボランティアの心構えについては、ボランティアとは…のページを確認してください。

 このような方法があります

ボランティア市民活動相談窓口て・と・り・あ ではこんな方法があります。

アイコン個人でボランティア活動をする
窓口に寄せられたボランティア依頼の中からボランティア活動を探し、活動先が決まった場合は、ボランティア保険に加入します。

決まった活動が見つからない場合や、継続的にボランティア依頼を受けたい方は、個人ボランティア登録をします。ご希望のボランティア依頼が入った際に、お電話にてお問い合わせが入ります。また、自動的にボランティア保険に加入します。

>> 詳しくは、個人ボランティア登録
アイコン既存のボランティア団体に参加する
我孫子市社会福祉協議会に登録しているボランティア団体の中で自分に合った活動をしている団体を探す。
アイコン新規のボランティア団体を立ち上げる
新しくボランティア団体を立ち上げ、団体登録をすると、印刷機や会議スペースなどがお得にご利用できます。


 問合せ

ボランティア市民活動相談窓口 て・と・り・あ

〒270-1152
我孫子市寿2-27-41
TEL:04-7185-5233 FAX:04-7185-5243 メール: